Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、業務領域でデータ保護するモバイル向けソリューション

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、モバイルデバイス上の業務データを保護するソリューション「Check Point Capsule」を提供開始した。

同ソリューションは、「Windows」「Mac OS X」にくわえ、「iOS」「Android」などのモバイルデバイスに対応し、業務領域を作成してデータを保護するソリューション。

デバイス内に作成した業務領域で、プライベートのデータやアプリから業務データを分離。業務用のメールやファイル、ディレクトリ、アドレス帳、スケジュール機能などを利用できる。さらに文書に対してセキュリティを設定し、特定のユーザーやデバイスのみアクセスを許可することが可能。

また、社外のネットワークを利用している場合、セキュリティポリシーを適用し、すべての通信トラフィックを検査することにより、不正なファイルやウェブサイトへのアクセス、ボットによる遠隔操作などを防止する。

(Security NEXT - 2014/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL