Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス管理ソフト「OpenAM」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ

オープンソースのアクセス管理ソフトウェア「OpenAM」にサービス拒否の脆弱性が含まれていることが判明した。悪用された場合に影響が大きいとしてセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「OpenAM」は、シングルサインオンやフェデレーション、ワンタイムパスワードなど、複数の認証機能やアクセス管理機能を提供するソフトウェア。ForgeRockが提供している。

今回判明した「CVE-2014-7246」は、冗長化構成で「OpenAM」を運用している場合に影響を受ける脆弱性。認証可能な利用者によってサービスが停止させられるおそれがある。

影響を受けるのは、「同11.0.2」や「10.1.0-Xpress」「同10.0.2」「同9.5.5」で、一部以前のバージョンも含まれる。同ソフトを開発するForgeRockでは、アップデートの提供を開始している。

今回の脆弱性は、オープンソース・ソリューション・テクノロジの岩片靖氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
プロキシサーバ「Squid」に深刻な脆弱性 - DoS攻撃やキャッシュ汚染のおそれ