Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、金融機関向けにマイナンバー対応ソリューション

日本IBMは、マイナンバーの取得や管理が行える「金融機関向けIBMマイナンバー対応ソリューション」を11月末より提供する。

同ソリューションは、金融機関における社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)への対応を支援するソリューション。顧客からマイナンバーを取得し、管理、保管できるほか、従業員のマイナンバーについても管理することが可能。

不正検知技術により、権限を持つ担当者の内部不正を防ぐ機能を搭載。さらにハードウェアから情報の読み出しを防御する機能や、重要情報の漏洩を防ぐソフトウェアを提供。くわえてシステム全体を暗号化して保護する。

また既存のシステムや業務アプリケーションを改修せず、マイナンバーへの対応処理に必要な機能を提供。今後、法改正によりマイナンバーの適用範囲が拡張された場合にも、柔軟に対応できるよう設計されているという。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意