Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通エフサス、ウォッチガード製品の運用サービスを開始

富士通エフサスとウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、セキュリティ分野で協業し、同社製品の運用サービスを提供する。

今回の協業により、富士通エフサスでは、ファイアウォールやUTMといったウォッチガード製品の取り扱いを開始し、セキュリティソリューションのラインナップを強化。

「FUJITSU Security Solution 次世代ファイアーウォール運用サービス」にウォッチガードの機器運用サービスを追加し、脅威の検知のほか、ログ管理やインシデント分析なども提供する。料金は機器1台あたり月額8万6400円から。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム