Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツ指導者の個人情報を誤ってサイトで公開 - 三重県

三重県は、スポーツ推進事業に登録しているスポーツ指導者9人について、本人の了承を得ていない個人情報をウェブサイトで公開していたことを明らかにした。

10月21日に登録者からの指摘があり判明したもの。同事業では、登録指導者の氏名や性別、市町名までの住所、指導種目などの情報を本人の了解を得て県のウェブサイトで公開しているが、9人について、了承を得ていない詳細な住所まで閲覧可能となっていた。

そのうち6人は字や町名、3人については番地まで公開しており、同県ではただちに修正。対象となる関係者に報告と謝罪を行った。原因は事務的なミスであるとして、情報の登録時には複数の職員でチェックする再発防止を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2014/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
データのアップロード先を誤り、生徒情報が流出 - 都立高校
クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
LINEヤフー、個情委に報告書を提出 - 進捗状況知らせるページも
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県