Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツ指導者の個人情報を誤ってサイトで公開 - 三重県

三重県は、スポーツ推進事業に登録しているスポーツ指導者9人について、本人の了承を得ていない個人情報をウェブサイトで公開していたことを明らかにした。

10月21日に登録者からの指摘があり判明したもの。同事業では、登録指導者の氏名や性別、市町名までの住所、指導種目などの情報を本人の了解を得て県のウェブサイトで公開しているが、9人について、了承を得ていない詳細な住所まで閲覧可能となっていた。

そのうち6人は字や町名、3人については番地まで公開しており、同県ではただちに修正。対象となる関係者に報告と謝罪を行った。原因は事務的なミスであるとして、情報の登録時には複数の職員でチェックする再発防止を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2014/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か