Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティのシンポジウム「CSA Japan Congress 2014」が11月に開催

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、11月21日に都内でクラウドのセキュリティにフォーカスしたシンポジウム「CSA Japan Congress 2014」を開催する。

同イベントは、クラウドセキュリティについて多面的に取り上げ、最新の情報を提供するシンポジウム。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の参事官である三角育生氏をはじめ、有識者やベンダー関係者などが登壇。セキュリティの課題について講演を行う。また最近の情報漏洩事件をテーマとしたパネルディスカッションも予定している。

会場は一橋講堂で、申し込みは先着順で受け付ける。参加費は無料。イベントのプログラムや申し込み方法など、詳細は同団体のページから。

(Security NEXT - 2014/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に