Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が医師などの個人情報を持ち出し - MRT

医療関係者向け転職情報サイトを運営するMRTの元従業員が、医師や看護師の個人情報を不正に取得し、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

元従業員が、同社の会員サイトに登録していた医師や看護師などの氏名、住所、電話番号、性別、最終学歴などの個人情報を不正に入手した不正競争防止法違反の容疑で、10月14日に警視庁に逮捕された。

逮捕された元従業員は、2012年1月から同年7月までの半年間、同社でシステム担当者として勤務。持ち出した情報は、1万7000人分にのぼると見られている。同社では、事件の解決に向けて捜査機関に協力していく方針。

今回の事件を受け、MRTでは会員サイトにおけるログインパスワードの流出や、不正ログインなどは確認されていないとしつつも、IDとパスワードの定期変更を呼びかけている。

また再発防止策として情報漏洩対策製品の導入や、USBメモリなど外部メディアの利用禁止、アプリケーションの監視や制御などを実施していると説明。今後はISMS認証の取得を目指すとしている。

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

看護師が資料を持ち帰り一時紛失、自宅で見つかる - 神奈川県看護協会
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを一時紛失、6日後回収 - 大阪府
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
退職時に共済契約データ持出、内部調査で発覚 - JAえちご上越
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命