Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便、信書配送サービスに新オプション - 位置情報が確認可能

佐川急便は、「飛脚特定信書便」に、信書の位置情報が確認できるあらたなオプションサービスを10月21日より追加する。

同社では、従来より宅配便では取り扱えない信書を配送するサービス「飛脚特定信書便」を提供しているが、あらたに同サービスでセキュリティケースを利用できるオプションサービスを追加するもの。

同サービスで用いるのは、ダイヤルロック式のケースで、これまでも飛脚セキュリティ便で使用している。PHS端末を搭載しており、位置情報を専用ウェブサイトから確認できる。

また個人情報など含む機密文書を配送する場合、運送保険に加入でき、盗難や紛失による個人情報漏洩で発生した損害に対応できる。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
「すかいらーく」のなりすまし - 宅配の注文準備中と焦らせる手口
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に