Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保管期間満了前の申請書など約12万件を誤廃棄 - 福岡市

福岡市は、中央区役所をはじめ、同市7区役所において、あわせて12万4494件の申請書を保存期間満了前に誤って廃棄していたことを明らかにした。

9月25日に市民から個人情報の開示請求が提出されたことで判明したもの。同市によれば、中央区役所において、同月17日に保存期間が満了した文書の廃棄作業を行った際、保存期間満了前の文書も誤って混入させ、焼却施設に搬送し処分したという。

同区役所で誤廃棄したのは、1年3カ月分に及ぶ「印鑑登録証明書交付申請書」と、4カ月分の「住民票の写し等交付申請書」「戸籍全部事項証明書等交付申請書」。

中央区役所の問題を受けて、他区役所に関しても調査を行ったところ、「印鑑登録証明書交付申請書」3カ月分を保管期間満了前に誤廃棄していたことがわかった。誤廃棄した文書は、あわせて12万4494件にのぼる。

同市では誤廃棄した文書について、箱詰めした後職員が焼却施設へ運び焼却処分していることから、外部に漏洩する可能性はないと説明。一方、申請者の確認ができないなど影響があるという。

(Security NEXT - 2014/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委