Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向け「ウイルスバスター」に新版 - 改ざんサイト対策やデータ持出対策を追加

トレンドマイクロは、法人向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター Corp.11」を10月14日より販売開始する。

新版では、ウェブサイトに埋め込まれた不正なJavaアプレットやJavaScriptの実行を防止する機能を搭載。マルウェアが接続するコマンド&コントロールサーバへの接続をブロックする機能も追加した。

またスマートフォン、タブレット端末、デジタルカメラからのデータ転送プロトコルである「MTP」や「PTP」の制御機能を追加。パソコン内に保存されているWordやExcel文書をスキャンし、個人情報や機密情報を含むファイルを検出する機能も搭載するなど、情報漏洩対策の機能を強化した。

価格は、1000ライセンス購入の場合、1ライセンスあたり3218円。管理ツールの新版「Trend Micro Control Manager 6.0 SP1」も同時にリリースした。

同社では、今後1年間に200億円の売上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル