Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急地震速報を装った偽メールに注意を

気象庁は、緊急地震速報を装ったメールやSNSへの投稿が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同庁の緊急地震速報を装い、これから強い揺れが来る、地震の影響で津波が発生するおそれがあるなどと通知する迷惑メールが発生しているもの。詳細の確認先として記載したURLへアクセスさせようとするという。

同庁が配信する緊急速報メールでは、リンクを記載することはなく、通常のメールとは異なる専用の通知音で着信を知らせると説明。同様の投稿がSNSに対しても行われており、こうした投稿のURLへアクセスしないよう呼びかけた。

また民間事業者による緊急地震速報などのメール配信サービスを受ける場合、偽メールと判別できるようあらかじめ確認しておくよう求めている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず