Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、匿名化情報扱う医療分野向けクラウドを国内展開

日本オラクルは、匿名化した医療情報を関係者で共有するためのクラウドサービスについて、国内展開を開始する。

医療分野向けクラウドサービス「Oracle Health Sciences Network」を展開するもの。製薬会社をはじめ、医療機関による臨床研究、企業治験などの情報共有基盤を提供する。

同サービスでは、治験などにおける被験者の属性、病歴や投薬履歴など、匿名化された医療情報を蓄積。利用登録を行った製薬会社、研究機関などが、臨床研究や治験に必要な情報を検索、閲覧できるという。

同社では、「Aurora Health Care Foundation」や「UPMC(University of Pittsburgh Medical Center)」など、業界からのアドバイスをもとに、プライバシーを保護しながら科学的な調査を推進できる環境を構築したとしており、「HIPAA」にも準拠。グローバルで2012年6月より提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
クラウド設定不備で顧客情報約11万件が閲覧可能に、流出は1件 - ホーユー
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市