Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドで個人情報をオンデマンドに電子帳票化 - トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズは、契約書など個人情報が記載された帳票をクラウド上で電子化する新サービスを9月8日より開始する。

同サービスは、企業などの顧客管理システムから必要に応じて最小限の個人情報を送信し、同社のシステム上で電子帳票化するサービス。

大量の個人情報を委託することなく、帳票化するデータのみ送信して電子化することが可能。データ変換後は、同社システム上へ個人情報が残らないしくみを採用しているという。

同社では、セキュリティポリシーなどによって個人情報を外部委託できない事業者や、金融機関など自社で独自にシステムを開発している事業者などにサービスを展開していきたい考え。

従来の個人情報を預かるサービスとあわせて事業を推進し、2015年度にソリューション全体で10億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト