Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドで個人情報をオンデマンドに電子帳票化 - トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズは、契約書など個人情報が記載された帳票をクラウド上で電子化する新サービスを9月8日より開始する。

同サービスは、企業などの顧客管理システムから必要に応じて最小限の個人情報を送信し、同社のシステム上で電子帳票化するサービス。

大量の個人情報を委託することなく、帳票化するデータのみ送信して電子化することが可能。データ変換後は、同社システム上へ個人情報が残らないしくみを採用しているという。

同社では、セキュリティポリシーなどによって個人情報を外部委託できない事業者や、金融機関など自社で独自にシステムを開発している事業者などにサービスを展開していきたい考え。

従来の個人情報を預かるサービスとあわせて事業を推進し、2015年度にソリューション全体で10億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開