Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EmFTP」に意図しないファイルを開く脆弱性 - 拡張子ないファイルの扱いに注意を

エムソフトが提供するFTPクライアントソフト「EmFTP」に、利用者が意図しないファイルを読み込んでしまう脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトに脆弱性「CVE-2014-3910」が存在。ローカル側の拡張子が付いていないファイルを開く場合に、実行ファイルをはじめ、意図しないファイルを読み込んでしまうおそれがあるという。

すでに「EmFTP」の開発は終了しているため、脆弱性の修正は行われない見込み。同ソフトを利用する場合は、ローカル側において、拡張子の付いていないファイルを開かないなど、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ