Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EmFTP」に意図しないファイルを開く脆弱性 - 拡張子ないファイルの扱いに注意を

エムソフトが提供するFTPクライアントソフト「EmFTP」に、利用者が意図しないファイルを読み込んでしまう脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトに脆弱性「CVE-2014-3910」が存在。ローカル側の拡張子が付いていないファイルを開く場合に、実行ファイルをはじめ、意図しないファイルを読み込んでしまうおそれがあるという。

すでに「EmFTP」の開発は終了しているため、脆弱性の修正は行われない見込み。同ソフトを利用する場合は、ローカル側において、拡張子の付いていないファイルを開かないなど、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正