Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アイスバケツチャレンジ」便乗詐欺に注意 - 基本的なセキュリティ対策を

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の新薬開発に向けた運動として拡大した「アイスバケツチャレンジ」に便乗する詐欺が発生している。Kaspersky Labが明らかにした。

「アイスバケツチャレンジ」は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の新薬開発のために寄付するか、氷水をかぶる、あるいは双方を行う社会運動。行ったあとは2、3人の友人を指名するしくみで、著名人なども参加したことから注目され、賛否両論ありつつもSNSなどを通じて拡大した。

事件や事故、イベント、スキャンダル、新製品などインターネットで注目を集める話題は、これまでもフィッシングやマルウェアの感染活動など、たびたび悪用されており、「アイスバケツチャレンジ」についても、時間の問題と見られていたが、Kaspersky Labが実際に攻撃を確認したという。

同社が確認したケースでは、攻撃者のレベルはそれほど高くなく、未知の脆弱性や、未知のマルウェアなどを悪用する高度な攻撃ではなかった。セキュリティ更新プログラムを適用して脆弱性を解消し、セキュリティ対策ソフトを最新の状態にしていれば被害を防げるという。

一方で、寄付を口実に支払い情報を盗み取るフィッシングや、慈善活動を装い金銭を騙し取る詐欺が発生しており、リンクやビデオをむやみにクリックして騙されないよう注意を喚起。

寄付を行う場合は、メールやSNSなどに記載されたリンクからアクセスするのではなく、団体が信用できるものか確認した上で、団体のサイトへ直接アクセスして行うようアドバイスしている。

(Security NEXT - 2014/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング被害で不審メール送信の踏み台に - 矢野経済研究所
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中