Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ強化対応スキル指標」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、組織の人材育成において、情報セキュリティのスキル強化の指標として活用できる資料を作成、公開した。

経済産業省が2012年度に実施した情報セキュリティ人材育成指標の策定事業において、スキル標準の調査を実施。スキル基準について見直しを検討したことを受け、同機構が「情報セキュリティ強化対応スキル指標」として取りまとめたもの。

同資料はExcel形式のファイルで、12のシートで構成されており、組織における情報セキュリティの関連業務を洗い出したり、職種の一覧、役割分担、スキル対応表などを用意している。

(Security NEXT - 2014/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足