Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ強化対応スキル指標」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、組織の人材育成において、情報セキュリティのスキル強化の指標として活用できる資料を作成、公開した。

経済産業省が2012年度に実施した情報セキュリティ人材育成指標の策定事業において、スキル標準の調査を実施。スキル基準について見直しを検討したことを受け、同機構が「情報セキュリティ強化対応スキル指標」として取りまとめたもの。

同資料はExcel形式のファイルで、12のシートで構成されており、組織における情報セキュリティの関連業務を洗い出したり、職種の一覧、役割分担、スキル対応表などを用意している。

(Security NEXT - 2014/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」