Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、12日更新でCSRFの脆弱性「CVE-2014-5333」にも対応済みであると公表

Adobe Systemsが、8月12日に公開した「Adobe Flash Player」のアップデートで、同社は当初7件の脆弱性へ対応したとしていたが、あらたに別の脆弱性1件についても修正していたことを明らかにした。

同社によれば、「同14.0.0.145」で細工された「.swf」ファイルをチェックするセキュリティ機能を導入したが、バイパスされるJSONPエンドポイントに対するクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2014-5333」が存在。8月12日に公開した「同14.0.0.176」で解消したという。

今回のセキュリティ情報を更新したことによる適用優先度の変更などは行われておらず、適用優先度は「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版については3段階中もっとも高い「1」としている。

同レーティングは、公開より72時間以内にできる限り早くアップデートすることを推奨するもので、すでに同社の推奨する時間を大きく経過している。

(Security NEXT - 2014/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開