Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報保護の周知徹底を要請 - 経済5団体に文書送付

経済産業省は、日本経団連など経済5団体に対し、個人情報保護法の遵守を各会員企業に周知徹底するよう、文書により要請した。

ベネッセコーポレーションにおいて大量の顧客情報が流出した事件が発生し、国民が不安を感じているとして、日本経済団体連合会、新経済連盟、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会の経済5団体に対し、所属会員企業へ個人情報保護法の遵守徹底について周知するよう文書を発出したもの。

同文書では、経営者が率先して社内における個人情報の管理体制を構築し、個人情報を扱う専門部署の設置や責任者に役員を任命することなどを要請。現場担当者レベルの対応にとどまらず、委託先および再委託先の安全管理が十分か確認することなども盛り込んでいる。

さらに、名簿業者など第三者から情報を取得する場合はその入手方法を確認し、適法に入手したことが確認できない時は、取引の自粛を含め慎重な対応を取るよう求めた。

(Security NEXT - 2014/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件