Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! JAPAN」の偽ログイン画面へ誘導するフィッシング

「Yahoo! JAPAN」のログインアラートを装ったフィッシングメールが発生している。関連機関やセキュリティーベンダーが注意を呼びかけている。

20140807_ap_001.jpg
報告が寄せられた偽サイト(画像:フィッシング対策協議会)

問題のメールは、「Yahoo! JAPAN ログインアラート」といった件名で送信されており、普段利用していない環境からのログインを検知したなどと説明して不安を煽る手口。安全確認のためログイン履歴を確かめるよう促し、正規サイトを装った偽サイトのログインページへ誘導する。

メールの本文を見ると、「お客さんは自分のログイン情報を確かめるのが有益です」など、不自然な文章も含まれ、日本語を母国語としない人物によって作成されたと見られる。

今回報告されたフィッシングサイトはすでに停止が確認されているが、今後同様の偽サイトが公開される可能性もある。同協議会では、誤ってIDやパスワードを送信しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割