Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通マーケティング、UTMの運用監視サービスを開始

富士通マーケティングは、導入したUTM機器の運用監視を行い、ネットワーク経由の脆弱性攻撃を検出する「BSTSディフェンスサービス」を提供開始する。

同サービスは、契約者の環境にUTM機器を導入し、ファイアーウォールやIPS/IDS、ウイルス対策、ウェブフィルタ機能などを包括的に提供する中小企業向けサービス。

同社の運用監視センターにおいて、UTM機器の稼働監視や設定変更などの運用を支援。月次レポートによる報告やヘルプデスク、インシデント通知、ログ収集などのサービスを提供する。

料金は、月額8万6400円から。機器導入費用が別途必要。同社では同サービスにくわえ、従来より提供している「BSTS マルウェア対策」と「BSTS Webフィルタリング」を組み合わせた多層防御対策なども展開していきたい考え。

(Security NEXT - 2014/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定