Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイとKS-SOLが提携、西日本での事業展開を強化

ファイア・アイと関電システムソリューションズは、情報セキュリティ分野で包括的パートナーシップを締結した。大阪に拠点を設置し、西日本へのサービスを強化する。

今回の提携では、大阪外国企業誘致センターの支援を受けて大阪に拠点を設置。西日本市場において事業を拡大する。

関電システムソリューションズは、情報システム全体におけるコンサルティングから開発、構築、保守、運用、アウトソーシングに至るサポート体制を整備。関西方面の企業や組織にファイア・アイの標的型攻撃対策ソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2014/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習