Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理物件の契約者との覚書原本を紛失 - 長谷工グループ会社

長谷工ライブネットは、管理物件契約者と交わした覚書原本を紛失したと発表した。個人情報90件が含まれるという。

同社によれば、7月1日に管理する物件の契約者との覚書原本を紛失していることが判明したもの。紛失した覚書には、契約者90人の氏名、住所、賃料などが記載されていたという。

同社では今回の紛失について、社内で誤って廃棄した可能性が高いとし、情報の外部流出についても確認していないと説明している。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム