Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理物件の契約者との覚書原本を紛失 - 長谷工グループ会社

長谷工ライブネットは、管理物件契約者と交わした覚書原本を紛失したと発表した。個人情報90件が含まれるという。

同社によれば、7月1日に管理する物件の契約者との覚書原本を紛失していることが判明したもの。紛失した覚書には、契約者90人の氏名、住所、賃料などが記載されていたという。

同社では今回の紛失について、社内で誤って廃棄した可能性が高いとし、情報の外部流出についても確認していないと説明している。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
関連3サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - あなぶきメディカルケア
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
顧客情報記載の書類が所在不明 - 大和リビング
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
物件所有者や入居者など顧客情報含む契約書類が所在不明に - 大和リビング
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社