Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qのデータ漏洩事件は237件 - 1億7500万件超

米SafeNetは、2014年第2四半期におけるデータ漏洩の状況について取りまとめた。約1億7600万件のデータが被害に遭ったという。

同社によれば、同四半期に世界で発生したデータ漏洩事件は237件。被害に遭ったデータは、1億7565万5228件だった。1日あたりに換算すると195万1724件、毎秒あたり1355件が漏洩した計算になる。

悪意を持った外部侵入者による犯行が漏洩事件の56%、被害データ件数の99%を占める。また漏洩事件の58%、データ件数の88%が盗難によるものだった。

業界別に見ると、事件数としてはヘルスケア業界が全体の23%を占めて最多だったが、データ件数の面では78万2732件と全体の1%未満にとどまる。

一方漏洩件数の面から見ると、1億4500万件以上と全体の83%を占めたのが小売業界。政府機関は次いで被害が多く11%となり、あわせると94%にのぼる。また金融業界の漏洩は前四半期から大幅に減少し、前四半期の56%から1%未満に激減した。

国別では漏洩事件件数、被害データ件数ともに米国がもっとも多い。事件件数の約4分の3にあたる74%が米国で発生し、漏洩データの85%を占める。次いでドイツが多く10%。上位2カ国のみで95%にのぼった。

データに暗号化が講じられていたのは、漏洩事件237件のうちわずか10件。強固な暗号化や認証ソリューションにより、漏洩したデータの使用が困難なケースはさらに少なく、2件にとどまったという。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
「フィッシング詐欺」、1年に3回も被害あったケースも
脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に
2023年上場関連企業による個人情報事故は175件 - TSR
リサイクルされる「ランサムウェア」 - リーク件数は1.5倍に
ランサムウェア感染組織の平均被害金額は2386万円 - JNSA調査
3Qの脆弱性届け出、ウェブサイト関連が増加