Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qのデータ漏洩事件は237件 - 1億7500万件超

米SafeNetは、2014年第2四半期におけるデータ漏洩の状況について取りまとめた。約1億7600万件のデータが被害に遭ったという。

同社によれば、同四半期に世界で発生したデータ漏洩事件は237件。被害に遭ったデータは、1億7565万5228件だった。1日あたりに換算すると195万1724件、毎秒あたり1355件が漏洩した計算になる。

悪意を持った外部侵入者による犯行が漏洩事件の56%、被害データ件数の99%を占める。また漏洩事件の58%、データ件数の88%が盗難によるものだった。

業界別に見ると、事件数としてはヘルスケア業界が全体の23%を占めて最多だったが、データ件数の面では78万2732件と全体の1%未満にとどまる。

一方漏洩件数の面から見ると、1億4500万件以上と全体の83%を占めたのが小売業界。政府機関は次いで被害が多く11%となり、あわせると94%にのぼる。また金融業界の漏洩は前四半期から大幅に減少し、前四半期の56%から1%未満に激減した。

国別では漏洩事件件数、被害データ件数ともに米国がもっとも多い。事件件数の約4分の3にあたる74%が米国で発生し、漏洩データの85%を占める。次いでドイツが多く10%。上位2カ国のみで95%にのぼった。

データに暗号化が講じられていたのは、漏洩事件237件のうちわずか10件。強固な暗号化や認証ソリューションにより、漏洩したデータの使用が困難なケースはさらに少なく、2件にとどまったという。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン