Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Outlook.comのAndroid向け公式アプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ

20140730_ol_001.jpg
脆弱性が明らかとなったAndroid版のOutlook.com

Microsoftが提供するOutlook.comのAndroid向け公式アプリにおいて、SSLサーバ証明書の検証処理に不具合があったことが判明した。Google Play上では修正版が公開されている。

今回判明したのは、証明書の検証不備に関する脆弱性。証明書を正しく検証しないため、脆弱性が悪用されるとマンインザミドル(MITM)攻撃を受け、メールなど通信内容を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は「同7.8.2.12.49.7090」以降で修正されており、Google Playより脆弱性の影響を受けないバージョンを入手することができる。

同脆弱性は、高橋恒樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jupyter Server Proxy」にXSS脆弱性 - アップデートにて修正
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開