Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内はがきを印刷ミス、宛名と異なる顧客情報を裏面に記載 - 東邦ガス

東邦ガスは、キャンペーン案内はがき5161件を発送した際、本人とは関係ない別の顧客の個人情報を裏面に印字して送付していたことを明らかにした。

同社によれば、7月18日に「ダブル発電アシストキャンペーン」へ申し込んだ顧客に対し、ポイント交換の案内はがき5161件を送付したが、その際にミスが発生したという。

印刷および発送を委託している業者のミスにより、宛名とは別の顧客情報を裏面に印刷したまま発送。同はがきには、顧客のカタカナ表記の氏名、過去1年間に獲得したポイント数やそれに基づく入金額、入金予定日などが記載されていた。

同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行うとともに、正しい内容を記載したはがきの送付と、誤送付したはがきの返送を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町