Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、ユーザーの操作内容を録画して証跡残すソフト

NTTソフトウェアは、サーバやパソコンにおけるユーザーの操作内容を動画で記録するソフト「iDoperation SC」を発売した。

20140728_ns_001.jpg
「iDoperation SC」の再生イメージ(画像:NTTソフト)

同製品は、同社が提供する「申請承認」「ID管理」「アクセス制御」「ログ管理」で構成される特権ID管理ソリューション「iDoperation」の新ラインナップ。ユーザーの操作をすべて録画し、証跡を残すことができる。

記録した動画は、日付やホスト名、ログオンユーザー名で一覧表示され、ブラウザから再生できる。ユーザー操作が行われた時間のみに絞って再生することや、コマ送り再生にも対応。低画質での記録から、小さな文字や細かい操作も確実に識別できる高画質での記録まで対応する。

製品構成は、小規模環境向けのスタンドアロン型と、中・大規模環境向けのサーバ型の2種類を用意した。価格は、スタンドアロン型のパソコン向けライセンスが3万4560円/台。サーバ向けライセンスが3万8880円/台。サーバ型はパソコン用ライセンスが3万240円/台。サーバ用が3万4560円/台。さらに保管サーバライセンス86万4000円が必要。

(Security NEXT - 2014/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から