Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法改正に向けたパブコメの締切迫る - 「国内規制厳しい」は思い込み

20140718_pi_003.jpg
やまもと氏

またデータの越境も大きな課題だ。「海外に比べて日本は規制が厳しい」という誤解が経営者層にあるとやまもと氏は指摘する。

鈴木氏は、EUの持ち出し規制に引っかかれば、全世界の売上に対する5%という多額の罰金が科せられる可能性があり、「日本が狙い撃ちされる可能性もある」と語る。

米国でも集団訴訟や懲罰的に多大な制裁金が科せられるなどバランスをもって運営されている事情を説明。目的変更のオプトアウトなど、日本独自のルールを盛り込むのではなく、海外との交渉テーブルに着けるよう、プライバシー保護法として足並みを揃える必要性を述べた。

高木氏は「パブリックコメントを出しても無駄だと思っている人がいるかもしれないが、そうではない」と説明。「政府も迷っており、国民からの意見を求めている」として積極的な参加を呼びかけた。

また同イベント後、名簿業者に関しても動きも出ている。今回の大綱では、名簿業者に関して、取り引きされる名簿が、個人情報が詐欺行為に利用されたり、不適切な勧誘、プライバシー侵害につながる可能性があるとして問題性を指摘。しかしながら「継続して検討すべき課題」にとどめていた。

(武山知裕/Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市