Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ版LINEに「PINコード認証」 - 電話番号異なる端末からの不正ログインを防止

20140716_li_001.jpg

LINEは、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン対策として、4桁の暗証番号「PINコード」による認証機能を、7月17日15時より追加する。

利用者以外の第三者が本人になりすまし、LINEに不正ログインする被害が多発していることから、対策強化として実施するもの。

20140716_li_002.jpg
追加された認証画面(画像:LINE)

同社はすでに、パソコン版LINEからログインする際、4桁の暗証番号をスマートフォン版LINEに入力しないとログインできないよう変更しており、スマートフォン版LINEアプリについても認証を追加した。

電話番号の異なる別のスマートフォンのアプリからログインする際に、IDやパスワードにくわえ、事前に登録したPINコードの入力が必要になり、IDやパスワードが漏洩した場合などもPINコードを知らないとログインできなくなる。

ただし、端末からPINコードを設定していない場合は、端末の電話番号の下4桁がPINコードの代わりとなるため、IDや電話番号などもあわせて流出している場合は、認証を突破されるおそれがあるので注意が必要。

また同社では、PINコードについて「1111」や「1234」といった単純な数字や誕生日などは避けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研