Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Server 2003」のサポート終了まで約1年 - 国内で約30万台が稼働中

20140709_ms_001.jpg
日本MSによるサポート終了のアナウンス

日本マイクロソフトは、約1年後となる2015年7月15日に「Windows Server 2003」のサポートを終了する予定だ。同日以降、セキュリティ上のリスクが増大することから、あらためて早期に移行するよう呼びかけている。

「Windows Server 2003」は、2003年5月に登場したサーバOS。2010年7月に通常より2年2カ月長い7年2カ月のメインストリームサポートを終了。現在は5年間の延長サポート期間中だが、2015年7月15日には12年2カ月にわたって提供されてきたサポートもついに終了する。

20140709_ms_002.jpg
説明会に登壇した日本マイクロソフト執行役専務の平野拓也氏

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、マルウェア感染や不正アクセスの原因となる脆弱性を修正できなくなる。またOSのサポートが終了すると、それにともない周辺製品のサポートが終了し、セキュリティ上のリスクが雪だるま式に増大するおそれもある。

同社では、こうした状況を踏まえ、パートナーと連携して1月より「サーバー移行支援強化期間」としてオンプレミスやクラウドなどへの移行支援策を展開。2013年末の時点で「Windows Server 2003」は36万台が稼働していたが、2014年6月末までの半年間で30万台に縮小したという。

同社では、約1年と迫ってきたことからあらたに費用支払いに関して優遇金利で提供する「サーバー購入支援キャンペーン」や、オープンライセンス価格を10%割引「Windows Server 2003移行促進キャンペーン」するキャンペーンを展開する。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
Mozilla、ブラウザ最新版「Firefox 92」をリリース - 脆弱性6件を修正
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
「ArubaOS」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
小規模環境向けの一部Cisco製VPNルータに脆弱性 - EOLで修正予定なし