Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Server 2003」のサポート終了まで約1年 - 国内で約30万台が稼働中

20140709_ms_001.jpg
日本MSによるサポート終了のアナウンス

日本マイクロソフトは、約1年後となる2015年7月15日に「Windows Server 2003」のサポートを終了する予定だ。同日以降、セキュリティ上のリスクが増大することから、あらためて早期に移行するよう呼びかけている。

「Windows Server 2003」は、2003年5月に登場したサーバOS。2010年7月に通常より2年2カ月長い7年2カ月のメインストリームサポートを終了。現在は5年間の延長サポート期間中だが、2015年7月15日には12年2カ月にわたって提供されてきたサポートもついに終了する。

20140709_ms_002.jpg
説明会に登壇した日本マイクロソフト執行役専務の平野拓也氏

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、マルウェア感染や不正アクセスの原因となる脆弱性を修正できなくなる。またOSのサポートが終了すると、それにともない周辺製品のサポートが終了し、セキュリティ上のリスクが雪だるま式に増大するおそれもある。

同社では、こうした状況を踏まえ、パートナーと連携して1月より「サーバー移行支援強化期間」としてオンプレミスやクラウドなどへの移行支援策を展開。2013年末の時点で「Windows Server 2003」は36万台が稼働していたが、2014年6月末までの半年間で30万台に縮小したという。

同社では、約1年と迫ってきたことからあらたに費用支払いに関して優遇金利で提供する「サーバー購入支援キャンペーン」や、オープンライセンス価格を10%割引「Windows Server 2003移行促進キャンペーン」するキャンペーンを展開する。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正