Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Server 2003」のサポート終了まで約1年 - 国内で約30万台が稼働中

20140709_ms_001.jpg
日本MSによるサポート終了のアナウンス

日本マイクロソフトは、約1年後となる2015年7月15日に「Windows Server 2003」のサポートを終了する予定だ。同日以降、セキュリティ上のリスクが増大することから、あらためて早期に移行するよう呼びかけている。

「Windows Server 2003」は、2003年5月に登場したサーバOS。2010年7月に通常より2年2カ月長い7年2カ月のメインストリームサポートを終了。現在は5年間の延長サポート期間中だが、2015年7月15日には12年2カ月にわたって提供されてきたサポートもついに終了する。

20140709_ms_002.jpg
説明会に登壇した日本マイクロソフト執行役専務の平野拓也氏

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、マルウェア感染や不正アクセスの原因となる脆弱性を修正できなくなる。またOSのサポートが終了すると、それにともない周辺製品のサポートが終了し、セキュリティ上のリスクが雪だるま式に増大するおそれもある。

同社では、こうした状況を踏まえ、パートナーと連携して1月より「サーバー移行支援強化期間」としてオンプレミスやクラウドなどへの移行支援策を展開。2013年末の時点で「Windows Server 2003」は36万台が稼働していたが、2014年6月末までの半年間で30万台に縮小したという。

同社では、約1年と迫ってきたことからあらたに費用支払いに関して優遇金利で提供する「サーバー購入支援キャンペーン」や、オープンライセンス価格を10%割引「Windows Server 2003移行促進キャンペーン」するキャンペーンを展開する。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加
「Citrix ADM」に管理者アカウントがリセットされる脆弱性
「Cisco Catalyst 2940」に脆弱性が判明 - 10年以上前に対策済みだが、利用中止を
「Apache Tomcat 9.0.64」が公開 - 秘密鍵の処理における不具合を解消
「Atlassian Confluence」のアップデートが公開 - すでに悪用済み、要対応
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明