Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Avira」の新版 - クラウド連携機能を搭載

エクサゴンは、独Avira製セキュリティ対策ソフト「Avira Internet Security Suite」「Avira Antivirus Pro」の新版を提供開始した。無料版の「Avira Free Antivirus」も用意している。

今回提供を開始した新版では、マルウェアと疑われるファイルのフィンガープリントをクラウドに送信し、検査を行う「Avira Protection Cloud」や、アクセスやダウンロード対象のURLをクラウド経由でチェックする「Avira URL Cloud」を搭載。また検知エンジンの速度向上を目指した。

さらに「Avira Internet Security Suite」には、最適化やエラーの修復により、パソコンの低速化を防ぐアプリケーションを同梱。現在契約中のユーザーは、無償でバージョンアップすることが可能。

くわえて、あらたに複数のデバイスを同時に管理できる「Avira Online Essential」を用意。英語版のみの提供となるが、今後日本語化を予定しているという。

(Security NEXT - 2014/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加