Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バスハイク参加児童の個人情報含む名簿を紛失 - 港区

東京都港区は、児童40人の個人情報含むバスハイク参加者名簿を紛失したと発表した。

同区によれば、6月14日に区立高輪児童館の職員らが児童を引率してあきる野市の城山に登ったところ、12時半ごろ山頂付近で参加者名簿の紛失に気付いた。名簿は職員がズボンのポケットに入れて携帯していたという。

紛失したのは、バスハイク「あきる野自然探検隊」の参加者名簿で、参加児童40人の氏名、電話番号、年齢、小学校名、学年、性別、帰宅方法などが記載されていた。

紛失判明後、バスハイクの受け入れ先であるあきる野里山自然塾に捜索を依頼。また16日には警察へ届出を行った。対象となる児童の保護者には、児童館職員が説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市