Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むICレコーダーを職員が紛失 - 国交省

国土交通省の職員が、個人情報が保存されたICレコーダーを帰宅途中に紛失していたことがわかった。

6月5日21時30分ごろ、関東地方整備局の職員が帰宅の途上で鞄ごと紛失したもの。紛失したICレコーダーには、建築士法に基づき実施した聴聞の音声データ最大4件が保存されており、そのなかに最大8件の個人情報が含まれる可能性があるという。

同局では、対象となる関係者に報告を謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校