Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、MSSに「Deep Discovery Inspector」を活用した新メニュー

アズジェントは、ネットワーク監視やログ分析を行う「Deep Discovery Inspector」を活用したトレンドマイクロの監視運用サービスを開始した。

両社では協業し、アズジェントのマネージドセキュリティサービス(MSS)「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」に、トレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」向けのメニューを追加したもの。

同製品によりネットワークの監視やログとの相関分析を実施。攻撃や侵入の兆候を発見した場合はインシデントの内容を通知するほか、必要なセキュリティ対策を提案する。月額料金は41万円から。

アズジェントでは、同サービスにより初年度に1億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2014/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
Kaseya、ゼロデイ攻撃受けたIT管理製品のアップデートを公開