Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道内郵送中に封筒破損でUSBメモリが所在不明に - 都内郵便局で回収される

北海道有機農業協同組合において、顧客情報1559件が保存されたUSBメモリが郵送中に一時所在不明になっていたことがわかった。すでに回収されている。

6月2日に、USBメモリをプログラムの管理を行う道内の委託先へ郵送したが、郵送途中に封筒が破損。同月4日に郵便物を受け取った委託先からUSBメモリがなくなっているとの報告を受けたという。

問題のUSBメモリには、2010年1月1日以降に同組合のウェブサイトから商品を購入した顧客や、2014年1月1日から6月2日の間に商品を注文した顧客の氏名、住所、電話番号が保存されていた。

また、2014年1月1日から6月2日までに同組合から発注した取引先名、住所、電話番号、商品、価格など、あわせて1559件の顧客情報が含まれる。

封筒が破損は、丘珠郵便局で利用した郵便物区分機のローラーが原因と見られている。USBメモリは2日後の6月4日に新東京郵便局の郵便物区分機内で発見され、保管されていた。

その後、探索中のUSBメモリと特徴が似ていたことから18日に丘珠郵便局へ連絡があり、19日に同農協が確認、回収した。

(Security NEXT - 2014/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市