Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「050 plus」のAndroid版に脆弱性 - 4月初旬に修正版が公開済み

NTTコミュニケーションズがスマートフォン向けに提供しているIP電話アプリ「050 plus」のAndroid版に情報漏洩の脆弱性「CVE-2014-2000」が含まれていたことがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリのログ出力に、本来出力するべきではない情報を出力するため、ログ情報を閲覧する権限を持つアプリに情報が漏洩するおそれがある。

影響を受けるのは、Android向けに提供されている「同4.2.0」。以前のバージョンも含まれる。NTTコミュニケーションズでは、すでに4月7日より脆弱性を修正した「同4.2.1」を提供開始しているという。

今回の脆弱性は、佐藤玲氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2014/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ