Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行の利用者狙うフィッシングに注意 - 複数サイトを確認

りそな銀行の偽サイト
フィッシング対策協議会が確認した偽サイト

「りそな銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、同行やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。すでに複数の偽サイトが設置されており、今後も同様のサイトが公開されるおそれもある。

同行によれば、問題のフィッシングメールは、「本人認証サービス」といった件名で送信されているもので、システムの更新を装い、認証を要求したり、メールアドレスの確認などと騙す内容だった。また「HTMLメール」を用いて誘導先のURLを偽装しており、偽サイトへ誘導。誘導先で、IDやパスワードを騙し取る。

フィッシングメールの事例
りそな銀行が確認したフィッシングメールの事例

偽装したURLや誘導先の偽サイトの内容から、りそな銀行の利用者をターゲットにしていることは明らかだが、メールの件名や本文では肝心の銀行名を「そな銀行」と誤って記載。本文は「こんにちは!」とオンラインバンキングらしからぬ文面ではじまり、「アカウントが凍結?休眠されないように」など、一部不自然な表現も含まれる。

フィッシングサイトの発生を受けて、同協議会では、サイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。すでに5件のフィッシングサイトを確認しており、今後さらに類似したサイトが公開されるおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意