Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行の利用者狙うフィッシングに注意 - 複数サイトを確認

りそな銀行の偽サイト
フィッシング対策協議会が確認した偽サイト

「りそな銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、同行やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。すでに複数の偽サイトが設置されており、今後も同様のサイトが公開されるおそれもある。

同行によれば、問題のフィッシングメールは、「本人認証サービス」といった件名で送信されているもので、システムの更新を装い、認証を要求したり、メールアドレスの確認などと騙す内容だった。また「HTMLメール」を用いて誘導先のURLを偽装しており、偽サイトへ誘導。誘導先で、IDやパスワードを騙し取る。

フィッシングメールの事例
りそな銀行が確認したフィッシングメールの事例

偽装したURLや誘導先の偽サイトの内容から、りそな銀行の利用者をターゲットにしていることは明らかだが、メールの件名や本文では肝心の銀行名を「そな銀行」と誤って記載。本文は「こんにちは!」とオンラインバンキングらしからぬ文面ではじまり、「アカウントが凍結?休眠されないように」など、一部不自然な表現も含まれる。

フィッシングサイトの発生を受けて、同協議会では、サイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。すでに5件のフィッシングサイトを確認しており、今後さらに類似したサイトが公開されるおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ