Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト検知数が4.1%減 - ジューンブライド便乗詐欺サイトも

BBソフトサービスは、5月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

同社のレポートによれば、5月に検知した不正サイトの総件数は84万182件で、4月の87万6105件から4.1%減少した。不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が全体の93.3%で依然として大半を占めるものの、前月から比較すると0.5ポイントとわずかに後退している。

また2.6%となった「フィッシング詐欺サイト」も0.6ポイントの減少。一方「脆弱性悪用サイト」は1.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が1%で、いずれも前月より割合が上昇した。

同社によれば、5月には、6月のジューンブライドに便乗し、ウェディングドレスやパーティードレスに対する需要を狙う詐欺サイトも確認されたという。高額なドレスを80%オフで販売するという宣伝文句で、客を呼び込む手口を使っている。今後も、時期によって需要が高まる商品を扱う詐欺サイトが発生する可能性があり、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
「PowerCMS」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版がリリース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に