Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本気象協会の偽サイトに注意 - 個人情報詐取のおそれも

日本気象協会は、同協会の公式サイトを装う「なりすましサイト」が確認されているとして注意を呼びかけた。

同協会によれば、問題のサイトは同協会公式サイトのコンテンツやデータを無断で使用し、コンテンツの販売などを装っているという。不正サイトを利用すると、個人情報やクレジットカード情報などを詐取されるなど、被害に遭うおそれがある。

同協会では、天気予報専門メディア「tenki.jp」を通じてアプリ内課金サービスのほか、有料で気象データや気象画像の販売を行っているが、「Weather Data API WEB限定プラン」を除き、問い合わせ窓口で個別に対応しており、インターネット上で完結する形では販売していないと説明。

同協会の「なりすましサイト」へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古