Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本気象協会の偽サイトに注意 - 個人情報詐取のおそれも

日本気象協会は、同協会の公式サイトを装う「なりすましサイト」が確認されているとして注意を呼びかけた。

同協会によれば、問題のサイトは同協会公式サイトのコンテンツやデータを無断で使用し、コンテンツの販売などを装っているという。不正サイトを利用すると、個人情報やクレジットカード情報などを詐取されるなど、被害に遭うおそれがある。

同協会では、天気予報専門メディア「tenki.jp」を通じてアプリ内課金サービスのほか、有料で気象データや気象画像の販売を行っているが、「Weather Data API WEB限定プラン」を除き、問い合わせ窓口で個別に対応しており、インターネット上で完結する形では販売していないと説明。

同協会の「なりすましサイト」へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正