Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerShell」を悪用するランサムウェア - Tor上でBitcoinによる支払を強要

トレンドマイクロは、5月ごろよりMicrosoftがWindows向けに用意している「PowerShell」を悪用するランサムウェアが出回っているとして注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、トロイの木馬である「TROJ_POSHCODER.A」。Windows向けのシェルやスクリプト言語「PowerShell」を悪用するもので、ランサムウェアにおいては珍しいケースだという。同マルウェアの被害は米国において拡大していた。

「PowerShell」により端末内のファイルを暗号化し、外部へ暗号鍵を送付。端末内のファイルについて暗号化を完了すると、英文にメッセージを表示し、「Tor Browser」を用いてTor内のサイトへアクセスするよう求める。誘導先のウェブサイト上では、復号化のための鍵と引き替えに 1BTC(Bitcoin)を支払うよう求め、指示に従わない場合は10日後に、サーバに暗号化に用いた鍵を削除すると脅すという。

セキュリティ対策ソフトによる感染の検知を隠蔽するために「PowerShell」を利用していると同社は分析。ランサムウェアにおいて改良が進んでいるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加