Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、「新・情報セキュリティ普及啓発プログラム」の意見募集を開始

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「新・情報セキュリティ普及啓発プログラム」のパブリックコメント案について意見募集を開始した。

インターネット利用が拡大し、さらに2020年のオリンピック、パラリンピック開催にむけて情報セキュリティ水準の向上が急務であるとして、国民全体の情報セキュリティへの関心や、理解度、対応力の強化などを目指し、あらたな中長期的なプログラムとして改訂したもの。

国民や企業が具体的なセキュリティ対策をみずから実施できるよう普及啓発することを目指しており、産学官民の多様な主体で構成する協議会形式の場を設け、国民運動化を推進していく体制を構築する。

またサイバー空間の衛生、情報セキュリティリテラシーの向上などを推進するため、一般利用者において認識のさらなる醸成や、地域における普及啓発活動の活性化、主体的な普及啓発の促進などを入り込んだ。

パブリックコメント案に対する意見は、e-Govの意見提出フォームやメール、ファックス、郵送で受け付ける。募集の締め切りは、6月13日12時必着。郵送の場合は同日必着となる。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大