Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールへの不正アクセス、「改ざん」と「修復」を繰り返す - 再開は4月下旬

ワコールのウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされた問題で、同社は「改ざん」と「修復」が繰り返し行われていたことを明らかにした。同社は今回の攻撃を受けて約1カ月にわたりウェブサイトを停止し、サイトの再構築を図るという。

20140409_wa_001.jpg
不正アクセスを受け、1カ月にわたって全サイトを停止するワコール

一部サイトの改ざんが3月28日に判明したのを受け、同社では関連するすべてのサイトを停止して調査を実施しており、調査結果やサイト再開のスケジュールを公表したもの。

同社によれば、ワコールホームページにおいて、少なくとも3月10日21時過ぎから3月28日1時過ぎまでの間、改ざんと修復が繰り返し行われていたという。

ソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃で、改ざんされたページを閲覧した場合、外部サイトに誘導され不正プログラムがダウンロードされるおそれがあった。一方で顧客情報の流出は否定している。

改ざんが確認されたのは「http://www.wacoal.jp」のみだが、同社では安全を確保するとしてセキュリティを強化したサーバを再構築し、全サイトを移設する方針。

そのため同社グループ会社のサイトやブランドサイトの再開は4月下旬以降、通販サイトは4月末日と、1カ月にわたって全サイトを停止する。

また同社では利用者に対し、ウイルス感染の有無をチェックするよう重ねて呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害