Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、若年層向け啓発コンクールの作品募集をスタート - 2014年は「硬筆」も

情報処理推進機構(IPA)は、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール 2014」の作品募集を開始した。

同コンクールは、インターネットモラルやセキュリティの啓発を目的とした小中高生向けのイベント。優秀作品を募集、表彰するもので、2006年から実施しており、今回で第10回を迎える。

2014年は、「SNS」をメインとして、「携帯電話、スマートフォン」「パスワード」「ネットトラブル」「ルール」「マナー」「パソコン」「ウイルス」「チェーンメール」「著作権」「個人情報」といったテーマで作品を募集。また「交流サイト被害」を警察庁の特別テーマとした。

また作品についても、従来より募集している「標語」「ポスター」「4コママンガ」にくわえ、第10回特別企画として「硬筆」と「私たちのモラル・セキュリティ行動宣言」を追加する予定。

作品の応募締め切りは9月8日必着。コンクールの詳細や応募用紙は、コンクールのウェブサイトから。結果発表は11月中旬ごろを予定している。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」