Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

そのPCは大丈夫? 「Windows XP」と「Office 2003」の確認方法

情報処理推進機構(IPA)は、2014年4月9日にWindows XPのサポートが終了するのにともない、使用中のPCに「Windows XP」と「Office 2003」が入っているか確認する方法を公開した。

Windows XPとOffice 2003をサポート終了後に使い続けるのはセキュリティ上危険であるが、実際には多くの企業や自治体、個人などでPCの入れ替えやシステムのリプレースが間に合わないのが実情。なかには、使用しているPCがWindows XPを搭載したマシンかどうか、Office 2003を使用しているかどうかをわからずに使い続けてしまう利用者も多いと考えられる。

そこで同機構では、毎月実施しているセキュリティに関するレポート「今月の呼びかけ」を「あなたのパソコンは4月9日以降、大丈夫?」として、使用中のPCがサポート終了の対象になっているかわからないユーザー向けに、確認する方法を紹介した。

「Windows XP」については、PCの電源を入れたあとに表示されるWindows XPの起動画面、スタートボタンのデザイン、システムのプロパティの表示から識別できると解説。

「Office 2003」については、スタートメニューから「Microsoft Office」を表示させ、「Microsoft Office Word 2003」や「Microsoft Office Excel 2003」の表記があるか確認する方法や、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」または「プログラムのアンインストール」を開いて、「Microsoft Office ○○○○ Edition 2003」の表記があるか確認する方法を紹介している。

サポート終了後は、たとえセキュリティ対策ソフトを適切に使用してもウイルス感染や不正アクセスの被害に遭う可能性が高まるとして、早急に乗り換えを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働
サポート終了目前に「OpenSSL 1.0.2u」をリリース
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を