Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Linux向けメール保護製品の最新版 - フィッシングメール対策機能など追加

logokp1.jpg

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティソリューションの新版となる「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 1」を提供開始した。

同製品は、LinuxとFreeBSDに対応したメールセキュリティソリューション。マルウェア対策、スパム対策、コンテンツフィルタリングなどメール向けのセキュリティ機能を備えている。

最新版では、「アンチフィッシングエンジン」を追加。メールに含まれるフィッシングサイトへのURLを検知しブロックできる。また、悪意ある実行ファイルや圧縮ファイルをダウンロードさせるURLの検知、ブロックにも対応した。

さらに、同社のクラウド基盤「Kaspersky Security Network」との連携に対応したほか、複数のメールサーバに導入した同製品の一元管理が可能になるなど、管理機能を強化した。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ