Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、24時間体制で対処する「サイバー防衛隊」を新規編成

防衛省と自衛隊は、ネットワーク監視やサイバー攻撃への対処を24時間体制で行う「サイバー防衛隊」をあらたに編成した。

同隊は、防衛省と自衛隊におけるネットワークの監視、およびサイバー攻撃発生時の対処を24時間体制で実施する部隊。サイバー攻撃に関する脅威情報の収集や分析、調査研究なども行う。同省では今後、同隊を中核に据え、関係省庁と協力しながら自衛隊のサイバー攻撃対処能力の向上に取り組む。

(Security NEXT - 2014/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開