Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の脆弱性を修正した「Apache HTTP Server 2.4.9」が公開

Apache Software Foundationは、2件の脆弱性を修正したアップデート「Apache HTTP Server 2.4.9」を公開した。

今回のアップデートでは、細工が施されたCookieを読み込むことにより「mod_log_config」がクラッシュする脆弱性「CVE-2014-0098」を解消した。マルチプロセッシングモジュール(MPM)を利用している環境に影響があり、リモートより攻撃が可能で脆弱性を悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがある。

また今回のアップデートでは、「mod_dav」に存在する脆弱性「CVE-2013-6438」についても修正を実施した。いずれの脆弱性も、「同2.4.7」を含む以前のバージョンに影響があり、脆弱性を修正した最新版となる「同2.4.9」を提供している。

(Security NEXT - 2014/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を
NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「Apache Wicket」に脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「Apache Solr」に脆弱性、設定ミスが重なるとRCEのおそれも
「Apache Struts 2」にRCEなど2件の脆弱性 - 最新版へ更新を
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み