Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、法人向けセキュリティ対策ソフトの新版を発売

G Data Softwareは、法人向けセキュリティ対策ソフト「G Data Businessシリーズ」の新版「同バージョン12」を発売した。

同シリーズは、ウイルス対策やファイアウォール、内部統制、迷惑メール対策などの機能を提供する法人向けセキュリティ対策製品。最新版では、モバイル機器やリモート管理機能などを追加。オンライン決済を保護する機能なども備えている。

全機能を備えた「同EndpointProtection Business Ver.12」のほか、内部統制機能を省略した「同ClientSecurity Business Ver.12」やウイルス対策に特化した「同AntiVirus Business Ver.12」などをラインナップに用意している。

価格は、「同EndpointProtection Business Ver.12」の場合、1ユーザーあたり4500円から。

(Security NEXT - 2014/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ