Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linksys製ルータに感染するワーム「The Moon」が発生 - 認証を回避して拡散

Linksys製ルータに感染するワーム「The Moon」の感染が広がっている。パスワード認証を回避して拡散するため、注意が必要だ。

問題の「The Moon」は、Linksys製ルータに感染するLinux向けのワーム。マルウェアから月の画像が見つかったことから「The Moon」と名付けられたという。拡散することを目的に作成されたと見られている。

Linksysによれば、同ワームの影響を受けるのは、同社製の旧Eシリーズや、旧Wireless-Nルータおよびアクセスポイントなど。管理者権限がなくてもパスワード認証を回避して感染を拡大する。感染後は、大量のデータを送信するため、ネットワークの速度低下などを引き起こすおそれがある。

同社では、同ワームの感染を防止するため、ルータのセットアップページより最新のファームウェアを適用しているか確認をもとめるとともに、リモートによる管理操作を制限したり、匿名のインターネットリクエストをフィルタリングするなど、設定を変更するよう呼びかけている。

またセキュリティベンダーでも、同ワームの動きに警戒しており、ESETでは「Linux/Themoon.A」として定義ファイルに追加。利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開