Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」4件含む月例パッチ7件を公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正

一方、「MS14-009」は、「.NET Framework」の脆弱性3件を解消した。そのうち2件の脆弱性がすでに公開されており、なかでもメモリのランダム化によるセキュリティ対策「ASLR」を回避する脆弱性「CVE-2014-0295」は、標的型のゼロデイ攻撃に利用されている。

同脆弱性は、単独ではなく他脆弱性を利用した攻撃において、セキュリティ対策を回避するために用いられている。実際に悪用されているが、どのような攻撃に悪用されているかについては、同社は言及を避けた。

「Windows 8」では、規定で「ASLR」をすべてのプログラムに適用するため、同脆弱性の悪用を防ぐことが可能となっている。「Windows 7」は設定の変更により同機能を活用でき、Vista以前では「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」によって脆弱性の影響を緩和することが可能。

また「MS14-009」については、複数のプログラムで構成されており、自動更新では特に意識する必要はないが、手動で適用する場合は適用漏れに注意する必要がある。

「MS14-006」では、IPv6の脆弱性「CVE-2014-0254」を修正。サービス拒否が発生する脆弱性で、脆弱性は公開されているが、悪用は発生していない。

(Security NEXT - 2014/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も