Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュキャン」の魅力伝えるイベント開催 - 卒業生のプレゼンも

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ実施協議会は、「セキュリティ・キャンプフォーラム2014」を2月15日に都内で開催する。

同イベントは、最新のセキュリティ動向などとともに、人材育成事業「セキュリティ・キャンプ」の魅力などを紹介するイベント。

ゲストの研究者による講演や卒業生のプレゼンテーションなどを予定している。情報セキュリテイに興味を持つ人を対象としており、参加者の相互交流なども目的としている。

定員は150名で参加費は無料。参加にあたっては、事前にウェブサイトより登録する必要がある。申し込み締切は2月12日。詳細はIPAのイベント開催案内ページから。

(Security NEXT - 2014/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター